長谷川利行


私が最も敬愛する作家が長谷川利行です。開廊以来、多くの作品を扱ってまいりました。
当画廊では長谷川利行の作品を常設しております。心に響く作品をお楽しみください。


展 示 作 品 (クリックすると大きな画像をご覧いただけます)

長谷川利行「花」

キャンバスボード・油彩
270x210mm(約3号)  
長谷川利行「三人の女」

紙・油彩
73x140mm



長谷川利行「関取」

紙・油彩、1935年
215x170mm

「長谷川利行展」貸出中
11月13日-12月24日 足利市立美術館
長谷川利行「裸婦横臥図」

紙・油彩
231x306mm 



 ●長谷川利行 略歴

1891年 京都山科に生まれる。
1911年 『みずゑ』主催の水彩夏期講習会に参加。
1919年 歌集『長谷川木葦集』を私家版で発行する。
1921年 この頃時折上京、生田蝶介との縁で『公団雑誌』に<浄瑠璃坂の仇討>を発表する。
岩田専太郎、矢野文夫を知る。
1923年 新光洋画展に<田端変電所>が入選。
1925年 二科展、帝展に応募したが落選が続く。大阪府主催の第3回大阪藝術展で受賞。
1926年 二科展に<田端電信所>が初入選(反対がほとんどだったが正宗得三郎が激賞)。
帝展に<廃道>が入選。
1927年 1930年協会展に<陸橋みち>他2点が入選。二科展に<酒売場>などを出品し、樗牛賞を受賞。
1928年 1930年協会展に<地下鉄道>などを出品、奨励賞を受賞。
この頃、里見勝蔵、藤川栄子、靉光、井上長三郎、麻生三郎、吉井忠、寺田政明らとの交流が始まる。
1929年 日暮里を離れ、浅草近くのドヤ街に住む。
1930年 二科展に<タンク街道>などを出品する。以後、1937年まで二科展出品を続ける。<BR>
1932年 天城俊彦(本名 高崎正男)を知る。(天城は1936年新宿に天城画廊を開き、2年間で10回以上の個展を開催した。)
1934年 市電三ノ輪停留所近く、龍泉寺町の東京市営龍泉寺宿泊所に住む。近くの鈴木医院にたびたび出入りする。
1935年 アモレ画廊で初の個展。龍泉寺宿泊所を出て、浅草山谷の簡易旅館「紅葉館」に住む。
1936年 天城画廊で5回の個展開催。この年から翌年にかけて、ガラス絵に熱中。
1937年 新宿旭町に移る。一水会展に<ノアノア>などを出品。天城画廊で8回の個展を開催。矢野文夫と大島に小旅行する。
1938年 天城画廊で6回の個展開催。浅草に移る。
1939年 健康状態が目に見えて悪化、ひどい胃痛に悩まされる。矢野文夫の提案で、四宮潤一に一通りの手ほどきをうけて水墨画を制作する。
1940年 5月三河島の路上で倒れ、東京市養育院に収容される。10月12日逝去。


- 2014年開催 「長谷川利行展」 -

 2014年11月〜12月、長谷川利行の本家本元の老舗画廊である羽黒洞さんと
長谷川利行展を開催させていただきました。
 展覧会の様子をアップしておりますので、ぜひご覧下さい。


 
2014年11月開催 長谷川利行展レビュー
 


 長谷川利行展 図録ご希望の方はこちら
 


※コラム・ブログもご覧ください。
 (過去当画廊で扱った作品も一部ご覧いただけます。)
 ・長谷川利行「浅草風景 ロック座」1
 ・長谷川利行「浅草風景 ロック座」2
 ・長谷川利行の女性像

 ・フクヤマ画廊ブログ <長谷川利行>




HOME

フクヤマ画廊
相模原市緑区橋本2-24-4 TEL.042-703-0002 FAX.042-703-0004
※営業日時はブログをご参照ください
E-Mail:shigeru315@gmail.com